標題: 台湾で海兵隊「解体論」 総統は否定
stockv
龍頭
Rank: 50Rank: 50Rank: 50Rank: 50Rank: 50Rank: 50Rank: 50Rank: 50

積分 43828
帖子 8648
黃金 251723 兩
股票 108 張
貢獻值 6813 次
股技值 10 段
股神財符 1 枚
註冊 2007-1-14
用戶註冊天數 4931
股字輩  股聖
發表於 2014-9-1 23:57 
101.12.149.201
分享  私人訊息  頂部
日本媒體報導:海軍陸戰隊“拆遷論”總統與中國的負面關係,就存在吸引力的背景在台灣
而對於島(首段)的防守,[高雄=保仁田中]自衛隊推進創建準備了海軍陸戰隊功能“兩棲機動團”,在台灣海軍陸戰隊(海軍陸戰隊)是“拆論”又出現了。如從與志願轉型相關聯的下一財年的拆除隊伍裁減部隊的建議,以納入軍前面的覆蓋,這是一個情況,馬英九總統拒絕了很多次。

21日,台灣當局已在報刊上發表的海外南部高雄市“海軍陸戰隊指揮中心”。我發現有旨在取消拆遷理論。海軍總部Kabanosawa春副司令員,強調“在不怕死的精英中的精英,海軍旅是一個重要的作戰部隊,它擁有的流動性,”他說。

目前,海軍陸戰隊圍繞兩個旅約9000人。其中,兩棲偵察營的成員被稱為“青蛙人(蛙人)”,以及被稱為第一次生協。水陸兩棲車在美國AAV7取得今年,日本購買的,用作測試車還擁有約50輛。

海軍陸戰隊是在1997年約3萬5千兩師,已經減少了一隊減少重複。目前,軍隊的總力量也被在2008年減少到約210 005000人約27萬人馬在就職的時候。今年一月,銘記完成過渡到'17志願者中,以170000-190000更多的人在四年內從下一財年的擔保義務和徵兵(相當於國防部長)ImuAkira國防部的狀態曾宣布一項政策,以減少。
海軍陸戰隊爆破理論出現了這些。據媒體報導今年春天,規劃拆除指揮中心一半的部隊,它被併入陸軍,駐紮在澎湖島進行了研究。但是,自六月以來,超過兩次,學院畢業典禮,馬總統表示“不拆除的海軍陸戰隊”。在第11個月,我們參觀了指揮中心,並通過訪問高雄,被拒絕拆遷的理論,以疊加。

我已經看到在拆遷理論的背景,有時中國和加劇,軍事緊張局勢台灣之間的經濟聯繫減少。然而,(議會)外交及國防委員會的有影響力的人,HayashiYu卡塔立委立法院(國會議員),在台灣拍攝了大量“島,角色海軍陸戰隊扮演連駐守轉移。澎湖群島非常大,反對拆遷的建議是“距離太遠(在台灣本島)返回爭端爆發的時候。還設想情況太平島南沙台灣有效控制(台灣名稱,斯普拉特利)群島拍攝,林,認為“有必要為海軍大隊一直不斷增長,”他說。 (陸戰論壇)


stockv
龍頭
Rank: 50Rank: 50Rank: 50Rank: 50Rank: 50Rank: 50Rank: 50Rank: 50

積分 43828
帖子 8648
黃金 251723 兩
股票 108 張
貢獻值 6813 次
股技值 10 段
股神財符 1 枚
註冊 2007-1-14
用戶註冊天數 4931
股字輩  股聖
發表於 2014-9-1 23:59 
101.12.149.201
【高雄=田中靖人】自衛隊が島嶼(とうしょ)防衛のため、海兵隊機能を持つ「水陸機動団」の創設準備を進める中、台湾で海軍陸戦隊(海兵隊)の「解体論」が浮上している。志願制移行に伴う来年度からの兵力削減で部隊を解体し、陸軍に編入する案などが先行報道され、馬英九総統が何度も否定する事態になっている。 台湾当局は21日、南部、高雄市の「海軍陸戦隊指揮部」を海外の報道陣に公開した。解体論を打ち消す狙いがあるとみられる。海軍司令部の蒲沢春副司令は、「陸戦隊は死を恐れない精鋭中の精鋭で、機動力を誇る重要な作戦部隊だ」と強調した。
 海兵隊は現在、2個旅団を中心とする約9千人。中でも、水陸両用偵察大隊の隊員は「蛙人(フロッグマン)」と呼ばれ、精強ぶりで知られる。日本が今年、試験車両として購入した米国製の水陸両用車AAV7も約50両保有する。
 1997年に2個師団約3万5千人だった海兵隊は、度重なる兵力削減で縮小されてきた。軍の総兵力も2008年の馬政権発足時の約27万人から現在、約21万5千人まで減少した。厳明国防部長(国防相に相当)は今年1月、徴兵制と志願制の並立状態から17年の志願制への移行完了を念頭に、来年度から4年間でさらに17万∼19万人に削減する方針を発表した。
海兵隊解体論はこうした中で浮上。今春には、兵力を半減して指揮部を解体、陸軍に編入し、離島の澎湖諸島に駐留させる案が検討されているとメディアで報じられた。だが、馬総統は6月以降、士官学校の卒業式などで2度にわたり、「海軍陸戦隊は解体しない」と表明。今月11日には、高雄に出向いて指揮部を視察し、重ねて解体論を否定した。
 解体論の背景には、中台間の経済的な結び付きが強まり、軍事的な緊張が低下していることもあるとみられる。だが、立法院(国会)外交・国防委員会の有力者、林郁方立法委員(国会議員)は、「離島の多い台湾にとり、海軍陸戦隊が果たす役割は非常に大きい。澎湖諸島への駐留移転も、紛争勃発時に(台湾本島に)戻るには遠すぎる」と解体案に反対する。林氏は、台湾が実効支配するスプラトリー(台湾名・南沙)諸島の太平島が奪取される事態も想定し、「陸戦隊の必要性は一貫して高まっている」と主張している。